大阪でホテルを選ぶ基準は何ですか?

0

Posted by Wilson Cham | Posted in ブログテーマ「ホテル」の一覧2011-12-222011-12-22 2011-12-22 2011-12-22 2011-12-22

旅行に行くとき、出張に行くとき、宿泊を伴う場合だと、滞在するホテルの良しあしが旅全体の印象に変わることもある。
だからホテルを選ぶのはとても慎重に行う。
仕事の場合は簡単だ。
職場で宿泊予算があるだろうから、まずはその予算以内の金額。
ほとんど数千円のビジネスホテルになるだろう。
次は立地条件。
出張先で毎日、通勤電車にもまれたくはない。
できれば徒歩圏内が良い。
贅沢をいえば近くにちょっと1杯飲める居酒屋やバーがあると完璧だ。
大阪だといたるところにおいしいお店があるので、その点は心配ご無用だ。

大阪旅行の場合が以外と難しい。
まず予算だが、自分の経済状況と同行者の経済状況、両方を考慮する必要がある。
ツインで1万ちょっとのビジネスホテルから数万円もするシティホテルまで、実にいろいろある。
人によっては日頃のお金はケチるが、旅行の時だけは贅沢を楽しみたいという人もいる。
逆に、ホテルは帰って寝るだけの場所だから安ければ安いほど良い、その分、おいしい物でも食べた方がよっぽど楽しい、という人もいる。
ホテル一つをとってもこれだけ好みの違いがあるのだから、同行者選びを間違ってはいけない。

次にホテルの立地条件だ。
行動の詳細が決まっていれば、その行動範囲に近いところ、できれば通勤電車の満員時間を避けられる路線・方面を利用できる所が良い。
それが結構難しい。
中心部のホテルはどこへ行くにも便利だが、移動は常に満員電車、ということになりかねない。
郊外でゆっくり滞在するタイプのホテルであれば、出かける必要はあまりないので理想だ。
ただ、大阪ではその手のタイプのホテルはあまり聞いたことはない。
やはり京都や神戸ぐらいまで離れないと無理かもしれない。

大塚でのアルバイトのため、バスで向かっていた

0

Posted by Wilson Cham | Posted in ブログテーマ「大塚」の一覧2011-10-012011-10-01 2011-10-01 2011-10-01 2011-10-01

昔はいろいろなアルバイトをしたものです。
喫茶店の皿洗いや、お酒屋さんのお中元やお歳暮の配達のアルバイト、また工場での食品製造など、両手にあまるくらいの数のアルバイトをしました。
そんな中でも、一番思い出に残っているのは、大塚でのアルバイトです。
そのアルバイトに行くために、初めてバスで通勤をしたのですが、その大塚行きのバスで、今の夫と知り合ったのでした。
今思えば、すごく不思議な巡り合わせだったのではないかと思います。



アルバイトを始めると、地元や学校の人間関係をこえて、すごくたくさんの人と知り合える機会が増えます。
アルバイトをしていなかったら、とうてい出会えないような、学年の離れた人と仕事で一緒になり、話をするようになったり、また、社会人や高齢の人とも知り合いになる機会もあります。
人間関係を広げることや、さまざまな経験をするという意味では、アルバイトをしないよりも、アルバイトをしたほうが、すごくいいのではかいかと思います。



大塚行きのバスに乗っていたとある日、たまたま降りるバス停が同じだったため、バスの出口に向かっていた私と夫は、バスの急停車で転んでしまったのです。
その際、私の持っていたアルバイト先でいけるための生花を夫が踏んでダメにしてしまったため、バスを降りてすぐに弁償してくれるというので、一緒に花屋さんに向かい、それ以来、顔見知りになり、いつのまにか付き合うようになったのでした。
もしも私が大塚でのアルバイトをしていなかったら、今の夫とは知り合っていなかったのです。

東京暮らしの住居に、マンスリー契約の賃貸を検討してみる

0

Posted by Wilson Cham | Posted in ブログテーマ「東京」の一覧2011-07-132011-07-13 2011-07-13 2011-07-13 2011-07-13

マンスリー契約の賃貸というものがあるのをご存知でしょうか。
マンスリーという名前の通り、月単位で契約できる賃貸物件のことです。
東京など、人の出入りの多いところではこういったマンスリー契約の賃貸が、最近注目されてきています。
短期間の転勤で、地方から東京まで通うのは大変だけれど、普通の賃貸を借りるには準備や費用にお金がかかりすぎて、東京の滞在期間を考えると迷ってしまう。
そういう時に、マンスリー契約の賃貸は大変に便利です。



普通の賃貸を借りるのには短いけれど、ホテル暮らしをするには長すぎる。
そういった中途半端な期間を過ごしたい時に、マンスリー契約の賃貸がとても重宝します。
月単位で契約ができるので、普通の賃貸のように年契約だと無駄な支払いが発生してしまう場合でも対応できますし、月単位の契約であるために敷金、礼金が発生しません。
最低1ヶ月から借りれる賃貸なのに、数か月分の敷金、礼金を支払わなければいけないというのはナンセンスです。



また、短期間で人が出入りすることになるため、引っ越しが手軽にできるような工夫もされています。
大型家具や電化製品が備え付けになっているのです。
タンスや家具、冷蔵庫、電子レンジなど。
家に1台あれば十分で、日々の生活に必須な家具や電化製品が備え付けになっているため、引っ越し費用を大幅に節約することができます。
これらの利点から、月々家賃ではマンスリーの方が高くても、滞在期間の合計費用ではマンスリーの方が安く抑えることが出来るのです。

伊東の温泉街から離れた場所にある重度身体障害者施設

0

Posted by Wilson Cham | Posted in ブログテーマ「伊東」の一覧2011-01-032011-01-03 2011-01-03 2011-01-03 2011-01-03

私は今から6年ほど前に、伊東にある重度身体障害者のリハビリ施設に入所していました。
入所する半年前に、頚椎を骨折してしまい四肢麻痺となってしまったからです。
それから生活全般にわたってのリハビリを、その伊東にあるリハビリ施設にて行うことになりました。
伊東というと温泉が有名な観光地というのは以前より知っていたので、どんなところなんだろうと内心思っていたところ、着いてみればそのリハビリ施設は山奥にあり、温泉街とは程遠い場所にあったのです。
そのリハビリ施設には、私のように頚椎を骨折した人が全国から住み込みで入所をしていました。
皆障害を負ってしまっても、その状態で何とか普段の生活をしていけるようにリハビリをしていくわけです。
例えば、車椅子の操作からベッドや車の乗り降り、排便の自立訓練や入浴の自立訓練などリハビリの内容は多岐にわたってありました。
入所をしている人達はそれぞれ障害の重さが違うので、その人にあったリハビリカリキュラムが作られそれぞれの目標が設定されるのです。
私の障害の重さというと、鎖骨部分から下は完全麻痺、両腕も動く部分は怪我以前の半分ほどで手指は全く動かない状況です。
しかしそのリハビリ施設のなかでは、私の障害はまだ軽い方でほかの人達は車椅子を漕ぐのもやっとという入所者が多かったのです。
なので前述のようにリハビリ内容もほかの人達より多くこなすことができました。
楽しみだったのは入浴の訓練で、その施設にも温泉が引いてあり浴槽に入るととても気持ちが良かったのを憶えています。
その施設のおかげで今の自分があるといっても過言ではありません。

フランスのお土産といえばやはりワイン

0

Posted by Wilson Cham | Posted in ブログテーマ「フランス」の一覧2010-10-082010-10-08 2010-10-08 2010-10-08 2010-10-08

フランス旅行。
とても短い間ですが、就職して間もない頃、知人となんのはずみでか話がまとまり行ったことがあります。
お互い海外旅行初心者で、ロンドン・パリの旅6日間。
パッケージツアーでのお任せの旅です。
お任せは気楽かもしれませんが、日程の都合上フリータイムが慌ただしいことこの上なし。
大英博物館やルーブル美術館とか、もっとゆっくりじっくり見たかったです。

当時は若くて予算も時間もあまりなかったので、フランスで買うつもりだったお土産を十分吟味して買うことが全然できませんでした。
ロンドンではあまり気に入ったものがなかったので、パリでお土産を吟味することにかけていたのですが、効率のいい探し方ができず、ちょっと気取ったお菓子をカード残高とカードを使って大丈夫かを気にしながらセレクトするくらいが、背伸びの最大値でした。
おまけにあの時、食べ物もあまり冒険しなかったのが悔やまれます。

でも知恵がついた今なら、フランスでは興味のある現地のおいしいものを食べワインを飲み、お土産にも持ち込めるだけ持ち込んだことでしょう。
やっぱりあちらはワインが安いんです。
安くておいしいんです。
お酒が好きな方ですので、安くておいしいフランスのワインはとても魅力的。
国内で買うと、税金もそうですが結構なお値段になりますが、現地なら、もっとお手頃価格。
お土産に買わずにいられましょうか。
といっても、重さと本数制限の壁はありますけど。
こうして私はどんどん人生経験を積んだ大人になっていくわけです。

自分と娘のひな人形の違い

0

Posted by Wilson Cham | Posted in ブログテーマ「ひな人形」の一覧2010-06-122010-06-12 2010-06-12 2010-06-12 2010-06-12

私が子供の頃のひな人形は当時よくある七段飾りのものはありませんでした。大人になってから母に聞いた事は陶器のお内裏様とお雛様があったのが微かに記憶にあるのですが、私と弟が飾ると持ち歩き、壊してしまったそうです。実はそのひな人形は母が自分の親にもらい、お嫁入りの際に持ってきた大切なものだと知りました。全く壊した記憶も残っていないのですが、申し訳なかったなあと今更思います。記憶にあるのは七段の赤い段に自分が買って貰った人形やゆいぐるみを代わりに並べていた事です。

当時はひな人形を飾る家も七段飾りが多く、私は持っていなかったので、友達の家で見せてもらい、うらやましく眺めたように思い出します。友達も元々親から引き継いだひな人形を持っていた子もいました。今は七段飾りのひな人形は住宅事情の為に難しいと思います。しかし、女の子の節句として日本の文化としても全国的に引き継いでいく大切なものだと思います。田舎に帰ると、時期になると旧節句ですが、いらなくなった古いひな人形を寄付してもらい、沢山のひな人形を展示していたので一度見に行った事があります。とても古いものもありました。

私には娘がおり、当然ひな人形は、両家の初孫という事もあり、私の両親が三段飾りですが、漆塗りの立派な屏風がついたもの娘の初節句に買ってもらいました。当時賃貸という事もあり、場所も考えて選んで送ってくれました。娘が大きくなると飾る事もなくなり、今では娘のひな人形は実家の倉庫に残念ながら眠っています。もしかしたら知らない所で毎日私の母が一ヶ月飾っていてくれるのかもしれません。娘が嫁ぐ時にはそのひな人形を祖母のように持参してもらいたいなと思っています。

焼酎を通販で購入しています

0

Posted by Wilson Cham | Posted in ブログテーマ「焼酎」の一覧2010-04-172010-04-17 2010-04-17 2010-04-17 2010-04-17

私には大のお気に入りのお酒があります。
芋焼酎です。
芋焼酎の中でも私が大のお気に入りは、いわゆるブランドと言われるもので、一本一万円を超える一品です。
その芋焼酎を私は通販で購入しています。
その芋焼酎に辿りついたのは、旅に行ったときでした。
鹿児島に旅をした時、もともと芋焼酎が好きだった私は立ち寄る地に蔵元を発見した時は喜び勇んで入っていきました。
当時はまだ知る人ぞ知るの銘柄でしたので、蔵元もひっそりと営業してらして、私に気軽に色々な話をして下さりました。

ひとしきりお話をうかがった後、お店の方がこれはどうですかと試飲させてくれました。
私は芋焼酎が好きですが、何でも良いというような人間ではありません。
気に入ったものしかいただきません。
ですので、もし美味しくなかった時は自分には合わないことを正直に話そうと決めていました。
ところがどうでしょう。
一口、口に含んだ時脳天にぴりりときたのを今でも覚えています。
二口のんで、思わずうなってしまいました。
お店の方のその時のニタッとした表情も焼き付いています。

それだけ衝撃的でしたので、すぐさまその芋焼酎を買い求めました。
旅先ということでしたが、幸い旅の終盤でしたので頑張って持って帰ることにしました。
ただ、その時通販があるので、もし気に入ればご利用下さいと用紙もいただいていました。
旅先、しかも蔵元で飲んだ時と自宅で飲む時とではどれだけ味が違うものかと少しびくびくしたものですが、帰宅していただいた時には、再び衝撃が走りました。
蔵元でいただいた時と同じ味でした。
お料理をいただく前に、その芋焼酎だけをいただいたのですが、あまりの美味しさに中々お料理に手をつけられなかったのを覚えています。
それから私がこの芋焼酎がなくなる度に通販で購入していることは言うまでもありません。

わきが治療についての私の考え

0

Posted by Wilson Cham | Posted in ブログテーマ「わきが治療」の一覧2010-02-142010-02-14 2010-02-14 2010-02-14 2010-02-14

私は、わきがという病ではないですが、夏になると誰でも汗のにおいは気になるものだと思います。

しかし、わきがの人にとっては、一年中わきのにおいを気にしていかなきゃいけないのはとても大変なことだと思いました。

これをきにわきがについて調べてみました。



わきがは、腋臭症(えきしゅうしょう)と言い、運動時にかく汗の臭いとは違い、特有の臭いがします。

一概には言えませんが、ごぼうの臭い、ネギの臭い、鉛筆の臭い、香辛料のクミンの臭いなどに喩えられていることが多いです。

臭いが独特なのでしょう。

わきが治療は、老若男女にとってつらいものと言えますが、特に思春期の子供たちは臭いに敏感なので、いじめの対象になりかねないとも言えるでしょう。



わきが治療の対象方法もたくさんあり、保存方法と言って、腋毛の処理、アルコール消毒、制汗剤、ボトックス注射<一回の注入で4ヶ月から6ヶ月間効果がある>などがあります。

保存方法は、ボトックス注射以外は手軽に出来るので、試すにも気軽に出来るでしょう。

色々な制汗スプレーも出回っているので一時的な効果が期待できるでしょう。

根本的な手術療法の剪徐法、吸引法、皮下組織削除法、切除法などあり手術方法でも選択肢がいろいろあるので、病院に行って先生と相談をしながら自分に合った手術方法を探す事も必要でしょう。

わきが治療の手術を希望するのであるならば、美容整形に行かれるのも一つの方法です。

病院にもよると思いますが、カウンセリングを受け、手術の内容によって違いはありますが、当日に手術を受ける事も可能らしいです。

金額は、病院や手術方法で変わってくると思いますが、15万円前後のようです。

かなり金額もかかるので、事前に準備が出来ない人には、ローンなどもあるようです。

わきが治療の色々な情報をインターネットなどで調べ、信頼出来る病院をみつけて相談をして下さい。

犬連れに必要な旅行グッズ

0

Posted by Wilson Cham | Posted in ブログテーマ「旅行グッズ」の一覧2010-01-222010-01-22 2010-01-22 2010-01-22 2010-01-22

自分は犬を飼っているので、旅行に行くときは必ず犬も一緒に連れて行きます。

犬も家族ですから。

犬もストレス発散などに良いでしょう。

犬用の旅行グッズがあります。

まずは愛犬の食事周りのグッズです。

食事は冷凍した手作り食を回数分、保冷のために2Lのペットボトルを2本凍らせて携帯用アイスボックスで運びます。

融ければ人用の飲み物になります。

次に食器です。

食事用、水用に各1つずつ必要になります。

新聞紙も用意します。

こぼれたときのために、食器の下に敷くと便利です。

ウェットティッシュはちょっと周りを拭きたいときに用意します。

ハンドタオルは口拭き用のタオル、食器の下に敷くタオル。

そしてビニール袋数枚。

ちょっとしたゴミや、濡れたタオルなどを入れるために便利です。

お散歩用グッズには、トイレ取りグッズは必ず必要です。

水筒は携帯用の水筒がいいです。

受け皿がついていますので便利です。

犬用レインコートは 大雨の時もこれさえあれば快適です。

ケア用に、犬用Tシャツがあるといいです。

抜け毛が気になる場合着せます。

ハーバルオイルは抜け毛対応、コームの後、薄めて犬の体にスプレーします。

特に乾燥しているときは効果があるので持っていると良いです。

犬用ブラシ、コームは旅行用にセットしておくと便利です。

ダニ用駆除剤はフロントラインですが、ダニに付かれた時だけその部分にスプレーします。

救急箱は怪我対応、常備薬に必要になります。

蚊取り用ベープは、飼い主の出入りは頻繁のとき、蚊が入ってこないようにするためです。

こういった旅行グッズがありますが、旅行グッズにはいろいろとあります。

沢山持って行くと邪魔になるので、必要なものだけで持って行きます。

何度でも滞在したくなる箱根の旅館

0

Posted by Wilson Cham | Posted in ブログテーマ「箱根」の一覧2009-11-072009-11-07 2009-11-07 2009-11-07 2009-11-07

箱根は山間部でありながら芦ノ湖が広がり、富士山をも借景とする、起伏にとんだ景色が広がっています。
船や列車、ケーブルカーなど楽しみ方も様々で、何度行っても発見があり、引き付けられる場所です。
東京から、たった1時間ほどで豊かな自然を満喫でき、夜には温泉を楽しむことができるのです。

日本を代表する観光地なだけに、旅館も数多くありますが、何度も行きたくなる宿はやはり限られます。
日常を忘れ、ゆったりと過ごせること、気持ちよくお風呂を楽しめること、食事がおいしいこと、どれも当たり前のようですが、個人の好みもありなかなかむずかしいものです。
私も何度も通い、たくさんの宿に泊まり、やっといくつかのお気に入りの宿ができてきました。
やはり、宿で旅の楽しみは何倍にも倍増します。
あの宿に泊まれる、と思うだけ仕事が頑張れる、旅への期待が高まります。
私にとって箱根の、温泉、旅館は特別な空間です。

もう、私にとっては故郷に帰るような心持ちかもしれません。
箱根から列車に乗り、景色が変わっていく車窓を見ているとさびしい気持ちになり、またすぐ来なければ、と思ってしまいます。
そうして私はまた、たくさんの素晴らしい観光地があるにもかかわらず、箱根に宿を予約してしまうのです。
自分でもこれだけ箱根が好きな訳はわかりません。
箱根の土地に空気に人に温泉に呼ばれるのでしょう。
また、一番くつろげる場所が箱根の旅館だからでしょうか。
次回は箱根の冬景色を楽しむ予定です。

箱根の旅館の様々な楽しみ方について

0

Posted by Wilson Cham | Posted in ブログテーマ「箱根」の一覧2009-08-192009-08-19 2009-08-19 2009-08-19 2009-08-19

四季を通して魅力的な温泉のある箱根には、数多くの旅館があり、様々な楽しみ方ができます。
もちろんその中でも一番ポピュラーな楽しみ方は、宿泊しながら食事や温泉を楽しむことだと思います。
特に家族で宿泊したり、職場の忘年会や慰安旅行などでの宿泊も魅力的であり、このような場合に最適な宿泊プランも数多くあるのです。
たとえば会社の旅行であれば、食事のほかに飲み放題もセットになっているプランがお勧めであり、ワイワイ楽しみたい場合に最適だと思います。

また箱根の旅館での一番お勧めできる宿泊プランとしては、露天風呂のある豪華な部屋のプランを挙げることができます。
やはり温泉地での最大の楽しみはたっぷりと温泉に入浴することであり、特に室内に露天風呂がある場合は、思う存分入浴が楽しめると同時に、心行くまでくつろげると思います。
このような豪華な宿泊プランは非常に高額だと考える人も多いと思いますが、宿泊施設によっては一泊二食付きの二人分の料金が合計で7万円前後の場合もあるのです。

また一方で忙しい人や、割安な料金で箱根の旅館の温泉や料理を楽しみたい場合に最適なのが日帰りプランです。
日帰りプランの場合は1万円以内の料金で、温泉も料理も楽しめるので非常にお勧めできると思います。
特に本格的な懐石料理も味わえるために、リピーターも多いのが特徴的だといえます。
そして滞在時間が3時間程度のプランから、7時間程度のプランまであり、更に昼食のプランや夕食のプランから選べるのも大きなメリットだと言えます。